Home » 未分類 » イデオロギーの終焉

イデオロギーの終焉

ベル

「イデオロギーの終焉」論は1950年代のなかば頃から,D.ベルの『イデオロギーの終焉』The End of Ideology(1960),R.アロンの『知識人たちの阿片』L’Opium des intellectuels(55)などによってアメリカやヨーロッパの一部の知識人が主張したもので,科学技術の進歩が生活水準を向上させ,資本主義と共産主義との体制間に基本的な差がなくなったためにイデオロギーが果す現実的役割が消滅したという見方。